読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しい音のする方へ

すべては楽しさのために

たった1000円、1日5分で夏までに腹を凹ませるよ!!

夏といえば海!プール!ですよね。

 

f:id:takeishihara:20170517111733j:plain

 

 

そこまではいかなくても....って人でも、少なくとも薄着にはなりますよね?

 

そうなる時になるのがお腹周りのプヨっと感

 

f:id:takeishihara:20170517112521j:plain

 

しかも、もうだんだん暑くなって来てもう八月まで二ヶ月しかない!

 

このままだと海にもプールにもいけない!!

 

ここまで来たら覚悟してダイエットするしかないです

 

今回は、夏までに効率的にお腹を凹ませる方法を紹介したいと思います。

 

 

有酸素運動だけではダメ

 

ダイエットとなるとまずランニング!ってなる人が多いと思いますけど、

 

それだけでは効果は低いんです。

 

ランニングだけでも痩せられるかもしれませんが、2ヶ月では間に合いません。

 

しかも脂肪だけ減らしても腹筋がないため、どうも見栄えの悪いお腹に見えてしまいます。

 

じゃあどうすれば効果的にプヨっと感なく腹を凹ませることができるのか?

 

筋トレ×有酸素運動=凹んだ腹

 

じゃあ筋トレだけでもいいかというとそうではありません。

 

確かに筋トレをすると、お腹もいい感じに割れてきますが、やっぱり筋肉の上に脂肪が残ってしまいます。

 

やっぱり最終的にはどっちもという結果になってしまうんですよね。

 

それぞれのメリットを見ていきましょう

 

有酸素運動のメリット

 

何と言っても脂肪の燃焼ですよね。

 

走る時にエネルギーを使うため、脂肪が燃えていきます。

 

ランニング時の消費カロリーはこれで計算できます!

(高校の体育の時間に教えてもらいました。)

 

体重(kg)×距離(km)=消費カロリー(kcal)

 

個人的には走るのが嫌いなので、500kcalいったらいい方じゃないかと思います。w

 

筋トレのメリット

 

筋トレのメリットって筋肉がつくだけだと思ってませんか?

 

そんなことないんですよ。

 

もちろん筋肉はつくんですけど、代謝も上がるんですよ。

 

筋肉がエネルギーを消費するので代謝が上がります。

 

つまり、日常生活を普通に過ごしているだけで消費されるエネルギーの量が増えるということです。

 

だから、筋トレ×有酸素運動=凹んだ腹なんです

 

ただの腹筋じゃ間に合わない

 

じゃあ筋トレしよってなって、体育の時間にやった腹筋運動するか!

 

ってちょっと待ってください。

 

普通の腹筋運動だと50回ぐらいは普通にできちゃって、最初の方は成長を感じられても1ヶ月くらい経つと、100回してもしんどくなくなって来て、一回の筋トレの時間が長くなっちゃうんです。

 

そんな時間がもったいないことはしてられないですよね。

 

そこで僕がオススメしたいのがこれです。 

 

 

いわゆる「腹筋ローラー」とか「コロコロ」とかゆわれてるやつです。

 

こんなシンプルな作りでたった1000円なのに、めちゃくちゃしんどい!!

 

初日は膝をついて、5回するだけ(所要時間1分)で次の日は筋肉痛でベットから起き上がれません。

 

マジでそんぐらいしんどいです。

 

でも痛みに耐えて、一日置きとかにしてるとだんだんできるようになるんです。

 

人間って傷ついて強くなるんだね。

 

そして1ヶ月経った頃には膝ついて15回くらいはヨユーって感じになります。

 

そうなったら、次は「立ちコロ」です。

 

立ち前屈の状態から、コロコロスタート!

 

立ち前屈の状態に戻って一回です。

 

これは膝ついて余裕でも、最初は二、三回で限界です。これまた次元が違う。

 

でもね、人間ってやっぱり強くなるんですよ。(しつこいw)

 

だんだんできるようになります。無理しない程度に我慢しつつ努力してください。

 

結構すぐにお腹は凹んでくるはずです。

 

まとめ

 

最後におさらいしておくと、一日5分のコロコロと3日に一回ぐらい有酸素運動をするだけで、凹んだ腹が手に入ります。

 

しんどさは次に日にお腹に筋肉痛がくるくらいに調節してください。

 

夏までに凹んだ腹を手に入れましょう。