読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しい音のする方へ

すべては楽しさのために

人生が楽しくなるたった一つのコツ

人生楽しめてますか?

 

この記事を見てるタイミングで幸せな人もいればそうでもない人もいると思います。

 

人間って常に楽しいことばっかりじゃないですよね。

 

でも1日の時間のうち楽しい時間が半分以下なら、そのまま人生が進んでいってしまいそうで、怖くないですか?

 

1日ぐらいって思っても、人生は1日の積み重ねです。

 

楽しくない1日が続けば、楽しくない人生の出来上がりです。

 

そんな人生を過ごさないために僕が気をつけてることを紹介したいと思います。

 

 

結論は「今この時を楽しむこと」

 

僕がもっとも大切にしていることは、

 

今この時を楽しむことです。

 

なにを隠そうと、人生は”今”の寄せ集めなんです。

 

今が楽しめなければ、結果として人生を楽しむことなんかはできません。

 

言葉にすることはとても簡単です。

 

ではなぜ実行に移すことが難しいのでしょうか?

 

未来と過去は最大の敵

 

多分それは未来とか過去とかを気にしているから。

 

そんなの気にしたってどっちも変えることはできないです。

 

今現在過去に後悔している時間があるなら未来に後悔しないように、今を全力で楽しむことの方が大切じゃないですか?

 

でもここで決して勘違いしてはいけないのが、「未来の〇〇のために、今××を我慢する。」という発想です。

 

この発想は一見自分の未来のことを考えていて、しっかりしているように思いますが

 

大間違いです!

 

 

未来のために〜は、今と向き合うことから逃げている

 

僕の身の回りにもいるんですけど、大学生だと就活のために〜するみたいな人って結構いますよね。

 

一見将来のことを考えているようですが、本当にそれが好きでしている人はほとんどいません。

 

それはただ未来の自分に期待をかけて、現在と向き合うことから逃げているだけ。

 

これは、一見良さそうに見える落とし穴の一つです。

 

学生のうちは就活という未来にかけて、社会人になってからは老後という未来にかける。

 

未来が来ても、そのまた未来にかけるようになります。

 

そもそも未来なんて不確定なものに我慢して、自分の時間を使うなんて勿体無いと思いませんか?

 

この先我慢の必要のない世の中がやってくる

 

 

これからは「え?まだ我慢とかしてるの?しんどくないの?Mなの?」みたいな世の中がやってきます。

 

我慢して人間がやるより、コンピュータにやらせた方がはるかに効率よくなんでもこなすことができます。

 

そうなると、「今我慢して、未来のために」は無駄でしかなくなります。

 

それなら、今を全力で楽しんだ方がいい。

 

全力で楽しむことで、コンピュータには真似できない感性や経験を身につけることができます。

 

まとめ

今だけに焦点を当てて楽しむことは無責任なように思いますが、今を全力で楽しむことがスタンダードな世の中に変わりつつあります。

 

ここでも勘違いされたくないのが

 

未来のために、今を楽しむというメンタルではないということです。

 

それでは純粋に楽しむことができていないんです。

 

大切なのは

 

今のために今を楽しむというメンタル。

 

明日は明日の風が吹くんですよ。日本ではちょっとやそっとのことでは死なないようになってます。

 

安心して楽しみましょう。